オリゴ糖が効果的に便秘に作用するために必要なこと

オリゴ糖が便秘に全くだった…という人は、そもそも
商品の選び方が間違っているかもしれません。

 

特に次の点に注意してよく成分表示なども見ると
便秘に良い商品を選ぶことができますよ。

 

 

 

難消化性オリゴ糖を選ぶ

オリゴ糖は約20種類もあるそうで、種類によって
小腸で吸収されるタイプと大腸で吸収されるタイプとあるようです。

 

特に「難消化性」のタイプのオリゴ糖は
大腸内のビフィズス菌を増やすしてくれたり、便秘解消
血糖値の抑制、老化防止、ミネラル分吸収を高めたり
動脈硬化にもいいようです。

 

便秘にいいとされるのはこの「難消化性」タイプです。

 

 

 

 

粉末タイプの商品を選ぶ

オリゴ糖を粉末で保存するのはとても大変らしく
放っておくと空気中の水分さえ吸収していつのまにか
ドロドロになるそうです。

 

ラフィノースという植物性のオリゴ糖は
全く吸湿しないのでこのタイプの商品なら
安心して純度の高いものを選べます。

 

こういった管理の難しさから、安くて大量に
販売されているタイプのオリゴ糖商品の中には
その純度が低いものもあるようです。

 

オリゴ糖を取っているつもりで実はシロップや
人工甘味料が多かった…何て事もありえます。

 

いろんな商品があるので、必ず成分表を確認して
オリゴ糖の純度が高そうな(なるべくオリゴ糖100%使用品)
を選んでください。

 

 オリゴ糖の種類が豊富でバランスタイプを選ぶならコチラ